About

 

オバマ政権での8年間で、アジアの平和は悪化の一途をたどっております。中国は南シナ海で軍事施設の拡充を積極的に展開し、また北朝鮮は、核開発及び、核弾頭搭載用のミサイル・テストを継続的に行っています。日本では、中国資本による北海道の不動産や地下水源など、天然資源に関する企業の戦略的買収が増加し、中国は尖閣諸島どころか沖縄本島の領有までをも宣言をし始めています。

米国では、中国政府が管理する企業による、米国シネマ・コンプレックス企業、映画制作会社等のアメリカンポップカルチャーから、産業機器、家電メーカー、ホテル等、多岐にわたる米国企業の買収が続いています。これに対してトランプ大統領は2017年12月に発表した「国家安全保障戦略」において、経済問題と安全保障を結び付け、中国を「戦略的競争相手」と位置付けるに至りました。

こうした緊張関係が高まるアジアにおいて、今後、局地的な紛争か起きる可能性は非常に高く、特に台湾、日本、フィリピンでは国防に対する意識を高めることが必要です。また同時に、この危機を乗り越える為、「価値観の選択と決断」が必要となります。すなわち、日本、米国、インドを基調とした自由と民主主義が世界を牽引するのか、それとも、北朝鮮や中国のような、報道や言論の自由もない全体主義が恐怖によって世界の支配を成し遂げることを容認するのか、その選択と決断の時が来たのです。

そこで、この度、アジアの「平和と繁栄」を護り抜くため、アジア、パシフィックの各地域に、自由と民主主義の価値を掲げる「Conservatism」の連合体の基幹として、2018年1月、アジア喫緊の重要拠点である台湾を本拠地として、APCU(The Asia Pacific Conservative Union, 亞洲太平洋保守聯盟有限公司)を設立しました。

APCUの活動はアジア、パシフィックの各地域には留まりません。アジア、パシフィックでの第1フェーズを経て、第2フェーズ、第3フェーズでは中南米、アフリカ、中東各地域において、自由と民主主義の価値を広げる活動を行い続けます。

 

The Asia Pacific Conservative Union
Chairman: Jay Jikidou Aeba


 

Jay Jikido Aeba

Chairman

1990年に慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。保守派コメンテーター、コラムニストとして活躍。2011─12年、全米税制改革協議会(ATR)水曜会に参加。2012年、共和党全米委員会(RNC)のアジアン・アメリカン担当顧問に就任。2015年、The American Conservative Union(以下ACU)の日本側パートナーとして、The Japanese Conservative Union(以下JCU)を設立。2016年、2017年、ACUが主催する全米最大のイベントConservative Political Action Conference(以下CPAC)のメインステージにて2年連続スピーチを行う。2017年1月、共和党全米委員会(RNC)共同議長顧問を退任。2017年12月、日本版CPACとなるJ-CPAC2017を東京・渋谷にて開催。トランプ政権の前首席戦略官スティーブ・バノンをはじめ、ACU議長マット・シュラップ、同事務局長ダン・シュナイダーら米国からの大物ゲストと、佐藤正久外務副大臣、百田尚樹氏、小川榮太郎氏ら日本の保守派重鎮らが参加した。

著書に『トランプ革命』(双葉社、2016年)。書籍『クリントン・キャッシュ』(ピーター・シュバイツァー著、LUFT社、2016年)の日本語版を監修。